法人向けレッカーサービスと保険

自動車保険には、多くの場合がレッカーサービスなどの事故緊急対応がついています。自動車保険のこうしたサービスを利用して事故の処理を行うことで心配になるのが、保険の等級の問題です。

しかし、こうしたロードサービスは利用したからと言ってすべて等級に関わるものではありませんし、業務の効率とコスト面から考えると大いに利用すべきこともあります。自動車保険の等級はロードサービスのレッカーサービスを利用した有無には関係ないことも多いものです。レッカーサービスは車両の移動の必要性があったというだけで、事故のリスクをあらわす等級には直接的には関係しません。

むしろ業務中のいざと言う時の事態において、自動車保険を避けることでそれ以外のレッカーサービスを待つデメリットの方が大きくなります。時間的な問題や別途にかかる費用などで業務の効率の悪化も否めません。

自動車保険のレッカーサービスを利用することができれば、その後の処理もスムーズとなり、総合的に時間やコストを減らすことが出来るかも知れません。保険会社の持つレッカーサービスであれば、窓口は保険会社で一括して、全国のネットワークでレッカーサービスを提供できるように手配してもらうこともできるでしょう。

レッカーサービスとJAF

レッカーサービスを利用する上で、比較検討したいサービスとしてはJAF(日本自動車連盟)があります。多くのドライバーが加盟しており、「いざと言う時の自動車のレスキューサービス」として非常に信頼も厚く、メジャーなものと言えるでしょう。しかし、JAFにもできる範囲のサービス内容が定められており、他のロードサービス事業と比較すると受けられるサービスが限られています。

特に法人向けのサービス内容においては事業の範囲をカバーできる場合と出来ない場合があるため注意をしたいものです。JAFのレッカーサービスでは、故障車の搬送に関しては県境を越えての搬送ができないこととなっており、距離も20キロメートルを越えての搬送が不可となっています。

会社組織として車両を利用する場合には、移動距離も長くなることがあり、都道府県を越えての移動も多くなることもあるでしょう。そういったケースでの事故やトラブルの際には、距離の制限が便利さを阻む問題になることがあります。また、事故の対応や処理サービスの面でも、その他、ロードサービス会社のサービス内容の方がサポートの範囲などで法人向けとして便利に使えると感じることがあるでしょう。

レッカーサービスで安全と安心を

レッカーサービスは、いつ起こるかわからない不測の事態に備えることができるサービスであり、車両を利用してビジネス展開をしている業種には欠かせないものとなっています。レッカーサービスとは、車両が事故や故障、さまざまなトラブルによって走行不良となった車両をその場から運んでいくサービスのことです。自動車はさまざまな移動や運搬などに便利に使えるものですが、いざトラブルが起こってしまうと自分ではどうにもできずに立ち往生することも多くなります。そんないざと言う時のために役立つのがレッカーサービスです。

個人の車両であれば、おおむね数台の保有が一般的となり、車両の管理や事故対応もその時々で個々に対応可能となるものです。しかし、法人の場合には保有する車両の台数や車両を利用するタイミングなど管理が非常に難しくなります。そのため、いざと言う時の対応の管理を画一的に統一するための手段が必要です。

レッカーサービスを利用することで、法人で使われている社用車、営業車などのいざと言う時の対応を統一し、プロに託すことができます。JAF(日本自動車連盟)を利用することもできますが、法人で利用する車両はその範囲を超えてしまうこともあり、保障の中では対応を求められないこともあるため、別途のロードサービスを必要とすることが多いのです。全国対応をしているレッカーサービスであれば、全国にネットワークを持っている企業や、今後業務の幅を広げたい場合にも安心して利用できるでしょう。